ジョニー・サンダース コンプリート・ワークス

f:id:RYOJI:20200505220155j:plain

 ジョニー・サンダース コンプリート・ワークス [2020]

 

届く前から

かなりワクワクしていたのですが

実際にゲットして

読んでみてやっぱサイコー!

書かれてる方もおしゃってましたが

図鑑のような作りで

ずっと眺めていられます(^^)

 

ディスコグラフィ

リリース順ではなくて

録音日順というのが

とても良いと思いました

 

伝説の人物と言われているわりには

正式なスタジオ録音盤は

比較的少なくて

ブートレグ・レベルのライブ盤や

デモ音源集や

ミックス違いなんてのが

後から後から出てきて

まぁ正式なアルバムが少ないから

余計にそういうことになってるんでしょうが

まぁややこしいワケです

今回そういうのが

順序立てて説明されているので

非常にわかりやすいです

 

というワケで

時間を見つけては

解説を読みながら

(図鑑を眺めながら?)

いろいろと聴き返しているわけですが

当然、掲載されている作品を

全部持ってるワケではないので

断捨離しなきゃいけないし

コロナ禍でこの後どうなるかわからないから

レコードやCD買ってる場合ではないのですが

あれもこれも欲しくなっちゃうのが

困りどころ!(^_^;)

 

New York Dolls

やっとさらい終えたとこですが

だいぶ印象がかわりました

2枚の正式アルバムは

プロデューサーと意見があわず

メンバーは仕上がりを気に入っていなかった

とのことだったので

そういう先入観でずっと聴いていたし

2000年にリリースされた

1stアルバムのレコーディングの

直前に作られていたデモ音源集

f:id:RYOJI:20200505223153j:plain

 「A Hard Night's Day」を

聴いたときも

荒々しくて

こっちの方がパンクっぽくて

カッコイイんじゃね

なんて思ってたのですが

今回あらためて聴きなおして

2枚の正式アルバムは

それなりにバランスよく作られてるし

そこにちゃんとプロの仕事が

あるように感じられました

なんか再発見できて嬉しいです

 

さぁ次はHeartbreakersだ

まだまだ楽しめそう!(^^)

 

POTSHOTの25周年はどこへ?

先ほどTwitterfacebook

発表になりましたが

5月までのライブが

すべてキャンセルになりました(T_T)

 

SKA PUNK ZOMBIESのライブも

もちろんですが

POTSHOTは今年25周年ということで

予定されていたライブは

どれもスペシャルで思い入れのあるものでした

 

絶賛解散中のPOTSHOT

25周年ということで

今年は期間限定でなるべくガッツリ活動して

来年以降は完全に白紙

また解散状態に戻るつもりでしたが

メンバーと

キャンセルになった分のライブを

コロナが終息したらリベンジしようと

相談しています

というわけで

そのときまで25周年のお祝い期間を

延長ということでお願いします(^^)

 

みなさん生き抜いててください

ライブハウスで逢いましょう

 

 

 

Roky Erickson & The Aliens - The Evil One (Plus One)

f:id:RYOJI:20200313220831j:plain

The Evil One (Plus One) [2002年]

Roky Erickson & The Aliens

 

ぜんぜん詳しくないのですが

Barracudasが

「Two Headed Dog」って曲をカバーしてて

オリジナルは誰なんだろうって

たどりついたのがこのアルバム

曲名がホラー感あってカッコ良すぎー!

「I Walked With A Zombie」とか

「Night Of The Vampire」とかね(^^)

 

YouTubeでちょっと聴いてみたら

なんだか良いカンジ!

これは盤で欲しくなり

調べてみたら

どうやらいろんなバージョンがあって

お手頃だったり

恐ろしく高いのもあったり

でもお手頃なのは

曲数があきらかに少なくて

後になって後悔しそうなので

この2枚組バージョンにターゲットを決めて

ずっと探してたら

適正価格でやっとゲット

上記の曲とかホント最高!(^^)

 

 

 

POTSHOT 祝25周年!

絶賛解散中なのになんで周年のお祝い?
というツッコミもありそうですが。(笑)
2005年の解散から15年、
気がつけば解散してる期間のほうが長くなってしまいました。
POTSHOTを死ぬまで続けるつもりでいましたが、
(そんなタイトルのアルバムもありましたが)
解散してしまいました。
メンバーのみんなはそれぞれの新たな道に進んでいきました。
自分も次のバンドこそはずっと続けようと思って
THE LAST CHORDSを結成しました。
作品を作ったり全国ツアーをしたり。
(のちに超マイペースな活動になり、
ある意味でライフ・ワークになりました。笑)
しばらくすると、
解散しているのに何故かPOTSHOTにライブのオファーが来るようになりました。
メンバーそれぞれはすでに新しい活動をしていましたが、
かつてお世話になっていた方からだったり、
一緒にやっていた仲間からのお誘いだったりしたので、
せっかくだからと、
みんなのスケジュールが合う範囲で、
一夜限りのライブをやる機会が少しづつ出来てきました。
誘ってくれた方はもちろん、
会場にいたみんながホントに喜んでくれて、
ライブを引き受けてよかったなぁと思いました。
ですがその反面で最初の頃は、
どこか割り切れない自分もいました。
今の自分のバンドはPOTSHOTじゃないんだけどなぁ~と。
いや、分かっているんです。
なんでかということは。
ただね...。(苦笑)
そのせいか、
ステージでもたま~に冗談のように言っていましたが、
限定復活ライブの前後はかならず体調が悪くなるんです。(笑)
話がそれましたが、
いつしかメンバーの中で冠婚葬祭や何かの記念でお願いされたときは、
無理しない範囲で引き受けようというルールがなんとなく出来上がっていきました。
そんな中、
たしかミッチーだったと思います。
なにげない一言「生きてるうちに、やれるんだったらやっておこう」がきっかけで
2015年に結成20周年を記念して1年間を通して活動することになりました。
ミニアルバムをリリースしたり、
いくつかのフェスに出演させてもらったり、
久々のワンマンライブ・ツアーをしたり、
ライブに来て盛り上げてくれたみなさんのおかげで、
とても充実した1年になりました。
このときに5年後の25年周年のタイミングでも
メンバーみんなが元気でやっていて、
楽しみにしてくれている人達がいるようだったら、
また何かやりたいなと思いました。
ただ体調が悪くなるのは治りませんでした。(笑)
その後も、
それぞれの活動がありながら、
あくまで無理しない範囲で、
ほぼ毎年のように数本のライブをやってきました。
2017年のTV-FREAK20周年記念ライブや、
2018年の8月のTV-FREAKで日本盤のCDを出していた
Sucide MachinesのJayのもう1つのバンド
J.Navarro & The Traitorsの来日ツアーへのゲスト出演、
昨年の念願のSucide Machinesの来日ツアーへのゲスト出演などは、
絶対に盛り上げたいと思い、
自分からメンバーみんなに声をかけました。
おそらく解散後ではあまりなかったことだったと思います。
記憶に間違いがなければ...。
そういえば、
いつしか体調が悪くなることもなくなりました。(笑)
そして今年はいよいよ25周年ということで、
また自分からメンバーに1年を通して活動したいと呼びかけました。
アニバーサリーなので、
スペシャルな意味を込めて、
なるべくたくさんライブをやりましょうと。
そこには自分のノドのコンディションや年齢的な部分などを考えたときに、
今がピークのような気がして、
「今なら思うようにやれる」
「元気な今のうちにやっておきたい」
という思いもありました。
5年後の30周年のときにどうなってるかは自分ではまったく想像が付きません。
なので今年の活動をもって、
なるべく悔いが残らないようなカタチにしておきたいと思いました。
ある意味で区切りをつけるということでもあるかもしれません。
ライブをやるんだったら、
ちゃんと再結成をして活動を続けて欲しいという声もたくさん届いています。
もちろんその気持も十分わかるのですが、
メンバーそれぞれがそれぞれの活動をして、
その中でスケジュールが合う範囲で無理なくやろうというスタンスが、
今のPOTSHOTにはちょうど良い気がしますし、
それがとても居心地がいいんです。
なので絶賛解散中のままになっちゃいますが、
今年はガッツリやらせてもらおうと思います。
来年以降のことはどうなるか何もわかりません。
ライブはもうやれないかもしれませんし、
またメンバー6人が普通に集まっていつもどおりに楽しくやっているかもしれません。
とにかく今年のライブを悔いが残らないように一緒に楽しんでもらえたらとても嬉しいです。
今後もさらにライブが発表になります。
ヨロシクです。

Overlook Road - David Quinton

f:id:RYOJI:20200101181110j:plain

Overlook Road [2019年]

David Quinton

 

去年の暮にたまたまお店で見かけてゲット

こんなの出てたの知らなかった~

おまけに来日もしてたんすね

見たかったなぁ~(T_T)

 

このひと誰?

Dead BoysのヴォーカルStiv Batorsの

歴史的名盤ソロ・アルバム「Disconnected」で

ドラムを 叩いてた人です

当事19歳

マジですか

 

その「Disconnected」と同じレーベルBomp!から

1981年に1stソロ・アルバムを発表

その1stのときのアウトテイクや

未発表に終わった2ndアルバム用の曲などを

ベースに作られたのがこの作品

まさにパワーポップってカンジの1枚です

「Disconnected」収録の「Make Up Your Mind」は

Davidによる作曲

なのでStivのソロが好きな人には激オススメ

同曲のDavidバージョン収録です

 

ちなみに

1981年の1stソロはCD化もされてなくて

持ってないけど

2001年に発表されたコンピCDに

ほぼ収録されてます

なんで全部入れなかったのか謎!

f:id:RYOJI:20200101183721j:plain

ちなみにパート2

Stivのソロに参加する前に

カナダのNeo ModsバンドThe Modsで活動

よくこのバンド名にしたなぁ~(笑)

当事リリースはシングル1枚だけだったみたいですが

1995年にそのシングルも収録のコンピCDが出てます

f:id:RYOJI:20200101183845j:plain

 

1番はStiv Batorsなんだけど

そのまわりも気になっちゃうし

やっぱ肌にあうというか

好きなんスよね~(^^)

 

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった - 久米宏

f:id:RYOJI:20191228211628j:plain

 

久米宏です。 ニュースステーションザ・ベストテンだった [2017年]

久米宏

 

読了!

やっと

TBSラジオ好きとしては

どうしても読んで起きたかった1冊

 

ザ・ベストテンぴったしカン・カン

わりと覚えてるけど

TVスクランブル

うっすらとしか覚えていない

当時のエピソードを読むと

今だからこそ見てみたい!(^^)

 

ニュースステーション

これはど真ん中というかまぁまぁ見てた

番組が楽しかったからなのか

ちょうどニュースを見始める年齢になっていたからなのか...

ジャーナリズムというよりは

エンタテインメントでやっていたという部分は

学ぶところが多いような

 

そして振り出しに戻ってラジオへ

ラジオ

やっぱ好きッス

それもAMね(^^)

 

帰ってきた人間コク宝 - 吉田豪

f:id:RYOJI:20191119160558j:plain

帰ってきた人間コク宝 [2018年]

吉田豪

 

読了!

オイラ的にはこのシリーズ4冊目

今回も面白かったー(^^)

人選もマニアックで

正直わからない人もいましたが

それでも面白いってスゴイよね

 

脚注に自分の名前が出てきてビックリ!