Five In The Afternoon

f:id:RYOJI:20190418215724j:plain

Five In The Afternoon [2007年作品]

Dr Robert & P.P. Arnold

 

去年の年末くらいにここでも書いた

新作が出てることに気づいて

慌ててご注文したP.P. Arnoldの未発表曲集

 そのときにちょっと調べたら

2007年にも作品があることを発見

そのときは

Amazonでは取扱なし

マーケットプレイスには出品があるものの

ちょっとプレミアがついてるカンジだったので断念!

それがお手頃な価格で発見できたのでゲット

 

名義のとおり

Dr Robertさんという方との共作

というか

作曲&プロデュースもこの方で

歌も半分くらいは歌ってるので

P.P. Arnold色は半分もしくはそれ以下です(^_^;)

 

なので

よっぽど好きな方や

Ocean Colour Scene

「It's A Beautiful Thing」が

アリの方向けかなぁ~

 

でもやっぱあの歌声は健在なので

一聴の価値はアリです

 

エヴァリー・ブラザーズ百番勝負

f:id:RYOJI:20190416201404j:plain

100 Hits Legends

Everly Brothers

 

ずーっとちょっと気になってた

エヴァリー・ブラザーズ

コスパ最高なこのシリーズで発見したのでゲット!

60年代のモッズ・バンドや

パワー・ポップ・バンドなんかが

カバーしてたり

最近ではMisfitsのダンジグがリリースした

カバーアルバムでも取り上げてたりで

 

50年代後半からキャリア・スタートってことで

もちろんもろにロカビリーだったり

カントリーな曲も多かったりするのですが

その中に上記のバンドたちがカバーした

ジャンルレスでタイムレスな名曲があって

スゲェー良かったです

 

ずっとルーツ的な感覚で聴いてたら

The Spencer Davis Groupで有名な

「Somebody Help Me」のカバーが出てきたり

ストーンズのルーツだと思って

オーティスを聴いてたら

「Satisfaction」が出てきちゃうカンジ?(^^)

 

60年代のUKバンド

Manfred MannやFerris Wheel

オイラ大好きなソウル(レゲェ?)シンガーの

Jackie Edwardsもカバーしてた

「Let It Be Me」

ずっと エヴァリー・ブラザーズが

オリジナルなのかと思ってたら

フランスのジルベール・ベコーという方の

シャンソン(←合ってる?)の

英語版カバーだったんすね

今回ちゃんと調べてたどり着けました

 

そういえば 

「Ferris Wheel」って曲もあったんですけど

バンド名はここからとったのかなぁ~?

 

とにかく

面白かったです

それにしても

コスパ最高だけど

百番勝負はイッキに聴こうとすると

なかなか大変だなぁ~(^_^;)

 

 

海外コンピ その6

POTSHOTの海外コンピ紹介
またまた
持っていなかった盤が手に入ったので追加です

f:id:RYOJI:20190415170707j:plain

8ballzine Recopilacion [2001年作品]

 

スペインのレーベルからリリースされた

おそらくタイトルやアートワークから推測するに

8 Ballというファンジンが企画したコンピ

なのかな(^_^;)

 

POTSHOTは「Radio」収録

1stアルバムからの音源です

90年代後半のスカパンク

ロディックが好きな人にとっては

なかなかのメンツじゃないかなぁ~

f:id:RYOJI:20190415173748j:plain

個人的には

大好きな

スウェーデンのメロディック勢とか

パワー・ポップ系の

Huntingtonsとかが一緒ってのが

嬉しいところです(^^)

 

Encore [Deluxe Edition]

f:id:RYOJI:20190406201633j:plain

Encore -Deluxe Edition- [2019年作品]

Specials

 

今年の2月くらいに発売になってたんだけど

どうしようかなぁ~と思ってて

というのも

Specials名義でメイン・ヴォーカルのTerry Hallは

いるものの

由緒正しいメンバーはTerry入れて3人だけという編成

「う~ん」と思ってたんだけど

Amazonで海外のお店が

安く中古を出品してたのを発見したのでご注文

2週間くらいかかってようやく届きました

 

あ、

ライブが収録されてる

ボーナス・ディスク

勝手にDVDかと思ってたけど

CDでした(^_^;)

まぁいいか

 

1曲目のEqualsのカバー「Black Skin Blue Eyed Boys」だけで

十分買った価値ありました

サイコーです

 

ボーナス・ディスク収録のLynvalが歌う

Bob Marleyのカバー「Redemption Song」も涙モノ

来日ライブで見たときも良かったし

これ

どうせだったらちゃんとスタジオで録音したバージョンを

1枚目に収録して欲しかったなぁ~

 

Fun Boy Threeのセルフ・カバー(と言っていいよね?)

面白いんだけど

なんだか複雑な気分?

 

2008年のTerryが参加しての再結成は

ホントに奇跡かと思ったけど

バンド創設者Jerry Dammersは

一貫して再結成には参加せず

そして今

Terryはいるけどオリジナルは3人だけ

 

再結成や長く活動を続けてるバンドあるあるだけど

どれが正解なんだろう?

なるべくオリジナル・メンバーがたくさん参加してるのと

おそらくクオリティやモチベーションを保つために

新しいメンバーにチェンジしていくのと

難しいなぁ~

 

個人的にはこの前の来日のときにもいた

Ocean Colour SceneのSteve Cradockが

参加ってのはアツかったです(^^)

 

 

マボロシの鳥

f:id:RYOJI:20190325221152j:plain

マボロシの鳥 [2010年作品]

太田光

 

今さらですが読了!

ず~っとちょろっと気になってて

ブックオフで出会ったのでゲット

 

いろんなタイプの短編があって

面白かったです

あまり詳しくはないですが

星新一なテイストの作品がとくに良かったです

表題作の「マボロシの鳥」は

ラジオとかで急に真面目な話題になったりするときの

太田光とどこか通じていて

なんだか勝手に納得できました(^^)

 

俺ベスト

スマホを機種変更して

データもろもろを移行したら

曲だけが何故か全部消えちゃった

ってのは

ツイッターに書いたと思いますが

じゃあ何を入れ直そうかと

今はワクワクしながら

時間を見つけては作業をしています

アレもコレもだと

すぐにスマホの容量がいっぱいになってしまうので

アーティストごとに俺ベストを選んでから

(今だとプレイリストって言うの?)

 入れるようにしています

ベストを選ぶために聴き直したりもしてるので

なかなかはかどりません(^_^;)

 

先日はRamonesを入れたのですが

約80曲

ぜんぜん選べてないじゃん

っていうツッコミもありそうですが

300曲以上の中からですし

名曲が多すぎるので

これでもかなり頑張ったつもりです(^^)

ちなみに1番多かったのは

5枚目の「End Of The Century」からで6曲!

 

次はJoeyやCJのソロも入れようかなぁ

 

Out of Our Idiot

f:id:RYOJI:20190312220144j:plain

Out of Our Idiot [1987作品]

Various Artists

 

最近よくワゴン・コーナーで

お会いするコステロさん

オムニバス表記なので

見逃すところでした

1986年までの録音のコンピだそうです

ニック・ロウとのデュエット

「Baby It's You」のカバーだけでも

十分に元取れました

まぁワゴンで買っておいてなんですが(^_^;)

 

ジミー・クリフとのデュエットなんてのも収録で

なかなか面白い作品です