Sylvain Sylvain - Sylvain Sylvain

f:id:RYOJI:20210802215344j:plain

Sylvain Sylvain [2007年CD化]

Sylvain Sylvain

 

今年のアタマにお亡くなりになってしまった

シルヴェイン・シルヴェイン兄貴

合掌です

なんか兄貴!ってカンジですよね(^^)

 

New York Dolls

Johnny Thundersじゃない方のギタリスト

なんか「じゃない方芸人」みたいですが

でも残念ながら

ホントに世間では「じゃない方」的な

評価しかされてないように思います

 

急に聴きたくなって

いろいろ引っ張り出してたのですが

1979年リリースの

このソロの1stアルバム

アナログしか持っていなくて

ほぼ聴いてなかったことが発覚

いや~

アナログって

なんかおっくうで

聴かなくなっちゃうんスよね

なんかスミマセン

というワケで

せっかくなのでCDをご注文

言うまでもなく断捨離(終活?)中ですが(^^)

 

1stアルバムと書きましたが

実は前年の1978年に

アルバムをリリースする予定だったそうです

そのためにレコーディングをしていた音源もあったそうですが

もろもろの事情で

当時はシングルだけのリリースになったそうです

それがパワーポップ的名曲の↓こちら

 

f:id:RYOJI:20210802221334j:plain

The Kids Are Back [1978年] 7inch

Criminals

 

バンド「Criminals」 名義

B面のインストもカッコイイ!

オイラは2000年に出た

リイシュー盤だけ持ってます

 

そして1985年になって

無事にそれらの音源が

アルバムとしてリリースされました

 

f:id:RYOJI:20210802222012j:plain

78 Criminal$ [1985年]

The Criminals / Sylvain Sylvain

 

シングルの2曲も入っていて全14曲

1990年に日本でCD化

解説と歌詞付きなので探す価値アリです

2000年に上記のシングルのリイシューをした

スペインのレーベル

Munster Recordsがこちらもリイシュー

↓CDもLPもあります

 

f:id:RYOJI:20140630234044j:plain

Bowery Butterflies ('78 Vintage NYC Rock & Roll Gems) [2000年リイシュー] 

Sylvain Sylvain & The Criminal$

 

バージョンは違いますが

1979年の1stアルバム収録の

10曲中6曲が

こちらでも聴けます

 

つまり

 

そうなんです

こっち聴いてるだけで

よくなっちゃってたんです

スミマセン!

 

78年の音源はほぼ自主制作だったらしく

今回、聴き比べてみると

たしかに79年の1stアルバムの方が

豪華に聴こえます

曲によっては

オーバープロデュースな気もしなくはないですが

ちょっぴりソウルで

大人なロックを目指してたっぽいので

本人的にはやりたいことをやれたのかなと

勝手に想像してみたり(^^)

ただ名曲「The Kids Are Back」を

収録しなかったのは謎です

(個人的にはCasting Couch」も)

すでにシングルとして

リリースしてるからってことだったのか

Criminalsのメンバーに遠慮したのか...

もし収録されてたら

評価がちょっと違ってたと思うんだけどなぁ~

まぁ「じゃない方」が払拭されるほどの

評価につながったかどうかは

さだかではないですが(^^)

 

 

 

Gigantor

Gigantor

なんとなく自分ベスト

今どきに言うところのプレイリストを

作りたくなったので

その備忘録

 

よく中学生とか高校生のときに

最初にカルチャーショックを受けた音楽を

一生聴き続けることが多いなんて話を耳にしますが

POTSHOTを始める直前(20歳前後)に

いろいろと聴きあさって頃の音楽も

たま~に無性に聴きたくなったりします

 

1番最初の出会いは

London Niteで配られてたテープだったと思います

f:id:RYOJI:20210715205343j:plain

お土産にもらったのか

たまたま行ったときにもらったのか

忘れてしまいましたが

93年Julyと書いてありますね

てことはオイラは19歳かな

ここに入ってた「It's Gigantic」

コレがきっかけでした

最初、バンド名の読み方が分からなくて

ギガンターとか言ってたなぁ~(笑)

 

f:id:RYOJI:20210715210030j:plain

 Magic Bozo Spin [1994年作品]

 

記念すべき1stアルバム

元々は遊びのカバーバンドとして始まったらしく

まだ少し作りに甘さと言うか

未完成さを感じさせます

「Time Flies」

「Girl From Outer Space」の2曲をチョイス

シングル・バージョンの方が好きなので

あえて「It's Gigantic」は選ばず

 

f:id:RYOJI:20210715210619j:plain

 It's Gigantic! (The Singles 1992-1994) [1995年作品]

 

シングルス

オムニバスに提供した曲や

ここで初出の曲なんてのも入ってたり

これ企画盤ですが

これが1番好きって人は多いと思います

ナイス・カバーのオンパレードで

まさに真骨頂といったカンジです

デビュー・シングル収録のKissの「Beth」

E.L.O.の「Mr. Blue Sky

シングル・バージョンの「It's Gigantic! 」

Marc Bennoの「Donut Man」

Band Aidの「Feed The World (Do They Know It's Christmas)」

この5曲をチョイス

日本のパンク・バンド

ラフィンやスターリンのカバーも

かなり話題になりましたが

あえて無しで!

Misfitsのカバーもあえて(^^) 

 

f:id:RYOJI:20210715212235j:plain

 Atomic! [1995年作品]

 

上の2枚があって

リリースを待ちに待ったのが

この2枚目のアルバム

リアルタイムで1番聴いてたかも

超名曲「Lunar Bop」 

Dickiesから提供されたという「H.I.V.」

「Nothingday」

「Best Of Intentions」 

「C'mon Let's Boogaloo」

以上をチョイス

 

f:id:RYOJI:20210715212649j:plain

 Hello There! [1995年作品]

 

この年は怒涛のリリース・ラッシュだったんスね

このミニアルバムもかなり聴きこみました

Cheap Trickの「Hello There」

Motörheadの「R.A.M.O.N.E.S.」

オリジナルの「Tomorrow」

以上、3曲をチョイス

名曲の「G-Force Radio」はあえて無し

理由は次で! 

 

f:id:RYOJI:20210715213107j:plain

She's The One 7" [1996年作品]

 

来日記念シングル

ライブを見に行って買ったってことですかね

サインは元々書いてあったのか

書いてもらったのか

ぜんぜん覚えてないです

ピックまでもらちゃって

ずいぶんズズシイですね(^_^;)

Ramonesの「She's The One」

そして「G-Force Radio ('96 Version) 」

こっちのバージョンの方が好き!

両面とも名曲

なので2曲ともチョイス

 

リアルタイムで聴いてたのは

ここまでかなぁ~

だんだんとPOTSHOTが忙しくなっていったり

それと同時に

徐々にメロディック・パンクに覚めていったというか

 

f:id:RYOJI:20210715212138j:plain

The 100! Club [1998年作品]

 

でも、たま~に無性に聴きたくなったりして

後追いでチェックしてたりも(^^)

「Come Back 4 U」

「Golden Girls」

Ramonesについて歌った「Ramone Control」

アコースティックで切ない「You Got 2 Lose」

「When The Sun Goes Down」

以上、5曲をチョイス

 

全部の期間をチェック出来てるわけではないですが

オマケに生意気な意見ですが

このバンド

この作品あたりがピークだった気がします

 

f:id:RYOJI:20210715214712j:plain

 Back To The Rockets!!! [1999年作品]

 

これも後追いでゲットした1枚

「Marilyn Memorial Day」

「Deaf, Dumbstruck And Living Dangerously」

2曲をチョイス

少ないなぁ~

あきらかにオリジナル曲の

クオリティーが下がった気がします

DescendentsWildheartsのカバーもありますが

残念ながら落選!

そんで

Puffyのカバーなんてのも入ってます

 

f:id:RYOJI:20210715215344j:plain

 Rhythm / Trouble! [2002年作品]

 

これまた後追いで入手

ここからは「Voices」

 1曲だけをチョイス

う~ん

まぁそういうことですな(^_^;)

日本盤には

ボーナストラックとして

またまたPuffyのカバー「海へと」が入ってます

なんかね

その売り方もちょっとね

気になってたのかなぁ~

当時は...

 

この後

2005年と2007年にも

アルバムを出しているみたいですが

それは入手出来てません

 

2005年に来日したときは

やっぱ好きだったってことで

POTSHOTで前座をやらしてもらいました

あ、上記の7インチのサイン

このときにもらったのかなぁ~?

覚えてないなぁ~

ベースのJayが昔やっていた

US西海岸の伝説的なバンド

SimpletonesのCDに

サインをしてもらうときに

ブックレットに載ってた写真を

Gigantorのメンバーが見て

大爆笑してたのは覚えているのですが(^^)

 

f:id:RYOJI:20210715220126j:plain

 

今、バンドはどうなってるのかわかりません

バンドのWeb Siteも更新されてないみたいですし

もう、やってないのかなぁ~?

Facebookはたまに更新してるっぽいです

 

 

Death Club - Christian Death

f:id:RYOJI:20210709183549j:plain

Death Club [2020年再発]

Christian Death

 

先日のタワレのアウトレットセールでゲットした1枚

コレが1番高かったッス!(^^)

 

CDとDVDの2枚組の企画盤

最初のリリースは2005年

再発盤は曲と映像が少し追加されてるっぽいです

 

CDは超初期から1993年までの編集盤

ほぼ持ってる音源ばかりでした(^_^;)

 

DVDは1990年のライブ映像がメインで

画質はまぁまぁ

それにTV番組に出演したときのもの

画質は悪い!

さらにボーナスとして

ヴォーカルのRozzと

初期のギターRick Agnewのインタビュー

もちろん字幕はないので

どうしようもないです(^_^;)

 

とりあえず

「Romeo`s Distress」

この曲につきます

これを聴くために&見るためだけで

十分に元取れます(^^)

 

それにしてもRozzは美しいなぁ~

このバンドはRozzが始めたのですが

途中で追い出されて?

乗っ取られて?

一時期は2つのChristian Deathで存在してました

あれ?

またこのパータン(^_^;)

残念ながらRozzは1998年に亡くなってしまいます

もう1つのChristian Deathは

今も活動してると思います

オイラ的にはChristian DeathイコールRozzなので

もう1つの方は興味ありません

見分け方としては

ジャケのどこかに

「featuring Rozz Williams」の表記があります

または

↑ジャケのこのごっついロゴのは

Rozzが関わってると思って大丈夫だと思います(笑)

 

 

No Going Back - Stiff Little Fingers

f:id:RYOJI:20210705213857j:plain

 No Going Back [2014年作品]

Stiff Little Fingers

 

タワレコのアウトレットセールでゲットした1枚

 

スタジオ作品としては最新作みたいです(Wiki調べ)

前回のアルバムが2003年とのことなので

11年ぶり?

その間にベースのBruce Foxtonが脱退

なんで元Jamでバリバリのモッズだった人が

このバンドで弾いていたのか謎ですが

なんと15年ほど在籍してたそうです

そして初期メンバーのAliが復帰

これはこれで胸アツな展開なのでは

 

初期の血管がブチ切れそうな

テンション激上げシャウトは

さすがにもうないですが

Jake Burns節は健在で

楽曲のクオリティは保ってると思います

 

アルバムのリード曲(であろう)

12曲目「When We Were Young

なんだか、しみじみしちゃうタイトルですが

まさにStiff Little Fingaers

ってカンジのビート&メロディでサイコーです

曲の後半で

初期の代表曲の1つ「At The Edge」の

一節が出てくるのですが

タイトルにかかってたりして

激アツな意味があるのかな?

オイラ的には余計な気がしちゃいました

スミマセン!(^_^;)

 

 

Here We Go Love! - The Beat

f:id:RYOJI:20210702211137j:plain

Here We Go Love! [2018年作品]

The Beat Starring Dave Wakeling

 

タワレコのアウトレットセールでゲットした1枚

 

こっちのThe Beatはノーマークだったのですが

2トーン・スカのバンドの中では1番好きだったし

セールだったらってことで(^^)

 

こっちの?

そうです

ちょっと前まで

2つのThe Beatが存在してました

ツイン・ヴォーカルのもう1人である

Ranking Rogerが

立ち上げた復活Beatが

2016年にアルバム「Bounce」を発表

2000年代に進化したThe Beatってカンジで

オイラ的にはかなり名盤でしたし

YouTubeにアップされている

キレッキレのライブ映像なんかを見ても

こっちが本流のThe Beatかなぁ~

なんて勝手に決めてました(^^)

 

で、

Dave Wakelingの復活Beatも

聴いてみると

こっちはこっちで

やっぱ、ちゃんとThe Beatでした

当たり前だけど、そんなの

当時のサウンドの延長で

まんまなカンジ

 

Ranking RogerのBeatは

2018年にもアルバムを出してたけど

なんと2019年にお亡くなりに

合掌!涙

 

どうせだったら

2人で一緒に復活してほしかったですね

1983年の解散後にGeneral Publicとして

共に過ごしてた期間もあったんだし

他のオリジナル・メンバーも誘ってさ

でも、まぁ

いろんな事情があったんでしょうね

難しいスね

 

Dave WakelingのBeatは

今後もツアーが発表されてるので

続くみたいです

Ranking Rogerの息子の

Ranking Juniorが合流したりすると

激アツなんだけど

そんなの

ファンの勝手な思い込みで

ご本人たちには迷惑な話ですよね(^_^;)

 

 

Siouxsie And The Banshees

Siouxsie And The Banshees

急に自分ベスト

今どきに言うところのプレイリストを

作りたくなって

全キャリアを通して聴き直してみました

なかなかの作業量だったりしたので

選曲の記録を備忘録として残しておきます

でないと

何年か経ってまた同じことやりそうなので

ここに書いておけば

そのときの役に立つかなと(^^)

 

f:id:RYOJI:20210524214043j:plain

The Scream [1978年]

 

f:id:RYOJI:20210524214247j:plain

Join Hands [1979年]

 

ギタリストの交代が多いこのバンド

かなり乱暴ですが

ギタリストごとに区分を分けて

書いていこうと思います

 

ジョン・マッケイ時代

いや~最初の2枚は

かなり暗くて重く沈んでるなぁ~

ノイジーで絶妙な不協和音感は

偶然に生まれてるような気もします

生意気でスミマセン!

 

そうか

初期代表曲の「Hong Kong Garden」は

1stアルバムには収録されてないんスね

勝手に入ってるもんだと思ってました(^_^;)

1stからは「Mirage」のみをチョイス

2ndから選曲なし

それからこの時期のアルバムには未収録で

1979年のシングルから

「Love in a Void」も

 

f:id:RYOJI:20210524215249j:plain

Kaleidoscope [1980年]

 

ここからギタリスト

元Magazineのメンバーとして有名な

ジョン・マッギオーク時代

え?

コドモの頃に読んだライナーノーツでは

ジョン・マクガフだったッスよね?

Wikiを見たら

より原音に近いということで修正されたそうです

へぇ~

歴代のバンシーズのギタリストで

1番評価が高いのがこの人じゃないかなぁ

 

で、このアルバム

真っ黒だったところに

ちょっと色がついたイメージ

ここからは「Happy House」をチョイス

それとこの時期のアルバム未収録 の

1980年のシングル「Israel」も

 

f:id:RYOJI:20210524220409j:plain

Juju [1981年]

 

このバンドのゴシックで呪術的なイメージを

決定づけた最高傑作

邦題は当て字で「呪々」

センスあるなぁ~(^^)

「Spellbound」

超名曲の「Into The Light 」

「Sin In My Heart」をチョイス

 

f:id:RYOJI:20210524221746j:plain

A Kiss In The Dreamhouse [1982年]

 

Cascade

「Melt!」

「Painted Bird」をチョイス

 

f:id:RYOJI:20210524222434j:plain

Hyaena [1984年]

 

ギタリストがCureのロバート・スミスにチェンジ

1979年にも一瞬お手伝いして

1982年から再びお手伝い

1983年のライブ盤「Nocturne」でも弾いてます

この頃のバンシーズのツアーで

前座がCureで

1日に2ステージをやってた

なんて文章を昔に読んだ気がします

すげぇーね!

このアルバムからはチョイスなし

1曲目のクラシック調のメロディから

徐々にバンド・サウンドへと流れ込む

「Dazzle」などはかなりカッコイイですが

あえてハズしました

この時代では

アルバム未収録の1983年のシングル

ビートルズのカバー「Dear Purdence」を選択

 

f:id:RYOJI:20210524223512j:plain

Tinderbox [1986年]

 

ギタリストがまたまた変わって

ジョン・カルチャーズ時代

 

ビート感とギターのリフがカッコイイ

「Candyman」

スージーの独特のシャクリと裏声が

炸裂してる

「Cities In The Dust」をチョイス

 

f:id:RYOJI:20210525204931j:plain

Through The Looking Glass [1987年]

 

カバーアルバム

Iggy Popのカバーとか

なかなか良いですが

チョイスはなし!

 

f:id:RYOJI:20210525205229j:plain

Peepshow [1988年]

 

ここでまたまたギタリスト交代

ポジティブ・パンク界の最重要バンドの1つである

Specimenのジョン・クライン時代

この人がどれくらい

バンド・サウンドに貢献していたのかは

わかりませんが

毒は残しつつも

かなり美メロが際立つようになって

個人的にはこの時代が1番好きです

ちなみに

チェロやキーボードなど楽器をマルチに担当する

マーティン・マッカリックも加入して5人体制になります

 

ここまで書いて気づいたのですが

ここまでほぼ1年に1枚のペースで

アルバムをリリースしてたんスね

真面目!働き者!(^^)

 

「The Killing Jar」

サビの疾走感がたまらない「Scarecrow

メランコリック全開な「Carousel」

エスタン調の「Burn-Up

「The Last Beat Of My Heart」

5曲をチョイス

多いなぁ(^^)

 

f:id:RYOJI:20210525211105j:plain

Superstition [1991年]

 

10枚目のスタジオ・アルバム

 

打ち込みのアレンジが絶妙な「Kiss Them For Me」

気持ち良いビート感とサビの美メロの「Cry」

暗~く美しい「Little Sister」をチョイス

そしてアルバム未収録

シングル「Kiss Them For Me」のカップリング

「Return」も

これ名曲です!

YouTubeにアップされてる

ライブ映像を見ると

歌も演奏もキレッキレで

めちゃくちゃカッコイイです

この頃のバンシーズを生で見たかったなぁ~

 

f:id:RYOJI:20210525212643j:plain

The Rapture [1995年]

 

最後のスタジオ・アルバム

 

ここまでの3枚のアルバム

1曲目は打ち込み多様のディスコ調って決まりあったのかな?(^^)

その1曲目の「O Baby」

「Tearing Apart」

「Fall From Grace」

そして「Forever」をチョイス

ちゃんと歌詞は見てないけど

最後のアルバムでフォーエバーなんて歌われたら

グッと来ちゃうよね

これまた名曲

 

バンドはここで解散

 

2002年に再結成ワールド・ツアーで来日

サマソニ東京で初めて生で見れました

最小限のメンバー4人&アレンジで

ちょっと寂しかったかなぁ~

それとスージーの声も

高音が出てないカンジが気になったのですが

名盤「Juju」からの曲が多めで

ラストも「Voodoo Dolly」と

これぞバンシーズというセトリで

十分に満足でした(^^)

 

ざっと以上です

また思いついたことなどあれば

追記していきたいと思います

 

 

 

 

 

Flaunt It - Sigue Sigue Sputnik

f:id:RYOJI:20210424212212j:plain

Flaunt It [2020年作品]

Sigue Sigue Sputnik

 

備忘録です

完全に

読まなくてオッケーです(^^)

 

どんだけ好きなんでしょう

このバンドのこと

ここに書くのも3回目かな

1回目2回目

 

1986年にリリースされた

衝撃的な1stアルバムのデラックス・エディション

なんとCD4枚組!

なんの記念?

なんのタイミングなんでしょ?

まぁ~こういう企画盤は大好物なので

理由はなんでもオッケーです

でも買わないつもりだったんスよね~

なにせ断捨離(終活)中なんで

でも某サイトで

お手頃価格で見つかっちゃったからね

仕方がないっつーか

 

■ディスク1

アルバムがまるまるリマスタリングされてて

(ますよね?)

ボーナストラックが1曲追加

この作品

曲間ごとにCMが入るという

画期的なスタイルでした

面白いっちゃぁ面白いけど

曲だけを聴きたいときは邪魔くさいというか....

で、オイラが持ってる旧規格のCDだと

そのCMは曲の終わりにくっついてて

曲とCMで1曲というカウントでした

今回、曲目リストを見てみると

CMも記載されてて

曲とCMが別々に収録されてるんだ

気が利いてるなぁ~

と思いきや

ん?

たしかCMは全曲の終わりに入ってるハズなのに

CMの表記は3ヶ所のみ

聴き比べたら表記がないところは

CMがまるまるカットされてました

なんで?謎?

CM部分に使われた

なにかしらのサンプリング音源などが

権利関係にひっかかったりしたのかな?

曲はちゃんと収録されてるから

問題ないっちゃぁ問題ないけど

なんかモヤモヤするッス

 

ボーナストラックは

86年に宣伝オンリーで配られた

レコードとカセットに収録されてた

「From The Gutter To The Stars」

というインタビューに効果音をつけた曲(曲?)

2000年リリースのコンピ

「Rock N Roll Mixes」にも収録されてます

 

■ディスク2

リミックス集

80年代といえば

リミックス!

というか

12インチ・シングル!

ドラムのリズムを打ち込みにして

ディスコ調にしてみたり

12インチというフォーマットの特性をいかして

とりあえず曲を長くしてみたり

ディスコでのヒットってのを意識してたのかなぁ~?

リミックスやバージョン違いも

面白いし、悪くないんだけど

やっぱシンプルに

オリジナル・バージョンで良くね?

ということが

まぁ多々あったりもしますが

この方法論

このバンドにドンピシャ!

リミックスやりまくってます

代表曲である

Love Missile F1-11」

なんと7バージョン入ってます

世に出てる全てのバージョンが入ってるかは

めんどくさいので調べてませんが

まぁ、7バージョンもあれば

お腹いっぱいでしょう

第9のフレーズがサンプリングされてる

「Extended Ultra Violence Version」を

当時、すげぇーと思ってたのを思い出しましたが

今聴くと普通にやっぱ

「Single Mix」が好きです(^^)

 

■ディスク3

リミックスの続き&シングルのB面集

オイラ的に初めて聴けて嬉しかったのは

「Sex Bomb Boogie」のB面

Dancerama (1986 Version)

88年リリースの2ndアルバムの代表曲の1つだけど

この時点ですでに存在してたんスね

2ndよりエモいアレンジで悶絶です

それと

上記の宣伝オンリー盤に収録

「She's My Man (Remix)」

アルバム・バージョンより

ビートが利いててカッコイイ!

90年リリースのレア音源集

「The First Generation」に収録されてる

初期のデモ・バージョンに近い感触です

この2曲を聴けてホントに良かった!

 

■ディスク4

ライブ盤

アビー・ロードでのスタジオ・ライヴ音源が7曲

売り文句的には今回が初出で目玉ってことみたいです

オイラ的にはライブ盤はあんまりなので

目玉感は薄いです(笑)

でも

実際に聴いてみると

今だと当たり前な

打ち込みとの同期演奏を

すげぇ~頑張ってるのがわかって

ちょっと感動します

「Twist & Shout」のカバーなんてのもアリます

 

ざっと以上です

1stアルバム関連の音源は

ほぼ全て収録ってことでいいのかな?

まぁ微妙なミックス違いとかは

存在するかもしいれませんが

もういいかなぁ~(苦笑)

 

コンピューターと生演奏を

ミックスするなんてのは

今では当たり前すぎて

意識もしないけど

35年も前に果敢にチャレンジしてたことは

やっぱり評価したいし

今だと明らかに稚拙でダサく聴こえるサウンド

オイラにはやっぱグッときます

最高!

あくまでオイラの個人的な意見なので

自己責任でお願いします(^^)