Carcass

Napalm Deathを聴いたら

当然、このバンドも聴きたくなっちゃいます

中心メンバーの1人である

ギターのビル・スティアーが

本家Napalm Deathを卒業して

分家として別にグラインド・コア

極めていったというイメージがあるかもですが

先にCarcassが始まってて

Napalm Deathの創世記を

掛け持ちで手伝ったってのが

正しいのかな

f:id:RYOJI:20200803211148j:plain

Reek Of Putrefaction [1996年国内盤CD]

 

1988年の7月にリリースされた

グラインド・コア史上に重要な1枚

かも?

というのも

音はひどいし

ジャケもひどい!(笑)

死体の写真をコラージュしたもの

まぁ、バンド名も「死体」って意味ですし

 

今回は自主規制ということで

96年に日本で初CD化されたときの

オリジナルのジャケットを覆っていた

カバーの方をアップしてます

音はなんだかモコモコしてるし

歌詞やアートはひたすらグロテスク

ただリリースのタイミングが

グラインド・コアの金字塔と言われている

Napalm Deathの2ndアルバムより

約2ヶ月ほど先に世に出ているという事実は

重要かと思います

 

ちなみにベースの

ジェフ・ウォーカーは

Napalm Deathの1stアルバムの

ジャケのデザインを担当してます

多才っすね~

 

f:id:RYOJI:20200803212358j:plain

Symphonies of Sickness [1989年作品]

 

曲の長さが伸びて

デスメタル的なリフも多用されています

Napalm Deathの3rdが1990年リリースなので

先にデスメタル的アプローチを取り入れて

作品を完成させていたというのが

興味深いところです

ただ

音はまだモコモコしてます(笑)

 

この2枚の

音はモコモコ

歌詞はグロテスク

というイメージが

のちにグラインド・コアから派生した

ゴア・グラインドのオリジナルとも言われてます

 

f:id:RYOJI:20200803213524j:plain

 Necroticism: Descanting The Insalubrious [1991年作品]

 

3rdアルバム

もう1人ギターが加わって

ツインギター体制へ

そのギタリストというのが

のちのアーチ・エネミーのマイケル・アモット

メタル度アップで

グラインド・コアの進化の可能性を示した

重要作と言えると思います

正直、この頃

コドモながらに

CarcassがNapalm Deathを抜いたな

と思ってました!(^^)

 

f:id:RYOJI:20200803215013j:plain

Heartwork [1993年作品]

 

4thアルバム

これはマジで歴史的名盤と言ってよいでしょう

リード曲の「Heartwork」のイントロを

聴いたときマジでぶっ飛びました

グラインド・コアのみならず

エクストリーム・ミュージックや

ラウド・ミュージックと言われるシーンで

天下取ると思いました

ジャケのアートワークは

映画「エイリアン」のHR Gigerが担当してます

 

ロディアスさがアップしたそのサウンド

のちのメロディック・デスメタルの原型と言われてます

 

しかし

そのサウンドの形成に大いに貢献したであろう

ギターのマイケルがレコーディング後に脱退

レコード会社とも関係が上手くいかず

バンドは停滞します

 

f:id:RYOJI:20200803220727j:plain

 Swansong [1996年作品]

 

 1996年に欧米で遺作を意味する言葉である

「スワン・ソング」を発表してバンドは解散

デスメタル色がかなり薄れた内容に

当時は解散も仕方ないなぁ~と思ってましたが

あるライターさんが

このアルバムを

デスメタル化したMEGADEATHと高評価していて

これはこれでバンドが続いていたら

メタル・シーンで

スゴイことになっていたのかもしれないですね

 

f:id:RYOJI:20200803221712j:plain

Surgical Steel [2013年作品]

 

2007年に中心メンバーの2人

ジェフとビルにマイケルも加わって

12年ぶりに再始動

のちにマイケルは

自分の音楽に専念するために再び脱退

そして

2013年に17年ぶりのアルバムを発表

1992年のシングル「Tools Of The Trade」の

ジャケット・デザインを

そのまま写真で再現したかのような

アート・ワークにもグッときましたが

サウンドももろにその頃の延長で

もはや最先端な音ではないかもしれないですが

ファンとしては嬉しい1枚です

やっぱCarcassが最強ななぁ~(^^)

 

それにしても

Napalm Death人脈はスゲェーっすね

さすが帝王です